*** Since January 4, 2013 ***
April 6, 2017

気ぜわしい3月が過ぎた。一気に華やかな雰囲気が街を包んでいる。
桜のせいだ。道行く人の顔もほころんでいる。

九段下で電車をおりると武道館での入学式に向かう人々と外国人花見客の群れが入り乱れている。
国際色豊かに外国語が飛び交う。堀周りをそぞろ歩く一人ひとりの焦がれるような花への熱い思いに当てられる。

用事を済ませ足早に人形町に帰る。
ビルに戻り、窓から見下せば、大通りで信号待ちする車列を穏やかな午後の光が射し照らしている。

ガラス越しに見る景色はのどかな春の日。

IMG_2700.jpg

IMG_2708.jpg

Cherry blossoms in Ningyocho and Kudanshita



【2017/04/06 15:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
November 26, 2016

今朝、いつもの裏通りを歩いていたら、
かわいい犬に出会った。

飼い主に犬種を聞くのを忘れてしまった。

そうそう、今夜は人形町の特集だ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/

IMG_2627.jpg

What's your name?




【2016/11/26 14:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
November 25, 2016

関東平野北部から都心に向かう電車の窓から、
今季初めて白装束に着替えた富士山が見えた。
54年ぶりの霜月雪の翌朝のこと。
冷たい風も心地よい。

IMG_2615.jpg

A fluttering flag

【2016/11/25 13:49】 | 未分類
トラックバック(0) |
October 6, 2016

久々に秋晴れの朝が来た。

飯田橋から秋葉で乗り換え人形町へ。
通りの両側には、ブルーシートで設えられた出店が並んでいる。

今日から人形市か。

手づくりの洋人形、和人形、小物装飾品等。
目を引かれたのが、台の一面に並べられた大小の鶏の置物。

そうか、来年は酉年だ。
うーむ。少し早すぎるが一つゲットしておくべきか。

一度通り過ぎて、しかし一羽の鶏と金の米俵3俵の物が頭の隅に引っかかった。
この瞬間を逃せば、二度と出会うこともない。

ゴールドの俵の存在感の強さが家族の非難を浴びそうだが、
ままよ、ときびすを返して旦那に声をかけての衝動買い。

記念に写真を撮らせてもらった。

IMG_2528.jpg
2017 is the year of the Rooster in the Chinese zodiac.

【2016/10/06 14:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
September 24, 2016

長い雨だ。夏は去った。

今朝、なぜか、頭をかけめぐっている言葉。
「苦しかったら私の背中を見て」。
澤穂希さんの言葉だ。

IMG_2520.jpg

How many dolls are there?

【2016/09/24 10:37】 | 未分類
トラックバック(0) |