FC2ブログ
*** Since January 4, 2013 ***
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

December 28, 2018

今週号の週刊新潮に言語の話題が、奇しくも二つ掲載されている。

ひとつは、対談が好きだと本人が語る五木寛之の連載物「生き抜くヒント」。
外国人との対談もたくさんやったけれども、フランソワーズ・サガンとの対談で「まったく言葉の壁を感じないほど突っ込んだ話ができた」のは、「抜群にセンスのある女性が手伝ってくださった」からとのこと。
ところがハンフリー・ボガード夫人のローレン・バコールと対談したときの同時通訳では「全然うまくいかなかった」という。

二つ目の話題は、里見清一の、これも連載物「医の中の蛙」。
こちらは外国語について幅広く触れているので、若干長くなるが一部だけ紹介すると、「たとえば日本語を英語やドイツ語に“正確に”訳せたとしても、微妙な意味合いの違いはどうしても残ると思われる。
言葉そのものがない場合もある。
一例を挙げると、欧米には、日本語の“肩こり”症状に対応する表現がない。
“肩が固くなった”とでも言うほかないが、向こうにしてみればちんぷんかんぷんである」と。

部分的に紹介した二つの記事は、言語の翻訳を生業とする立場からは、まさに肝に銘ずべしポイントではある。


IMG_0168.jpg

A night view of Ningyocho
スポンサーサイト

【2018/12/28 18:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
November 20, 2018

Do in Rome as the Romans do
(郷に入っては郷に従え)

昨日のカルロスゴーン氏逮捕のニュースを知って思い浮かんだ格言。

米の報道機関などでは逮捕自体に疑念をいだいてる向きもあるようだが、捕らえられた場所は日本の空港。
グローバル企業体の指揮を執る立場にあって、経営手腕とその実績に一定の評価はあるものの、日本という社会において反社会性があれば存在の持続性は保てない。

久々に気がそそられた一報だった。

IMG_0067.jpg
Kinkakuji Temple in 2018

【2018/11/20 19:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
May 15, 2018

今年も夏祭りの季節が到来した。

Go on, go on!

paperlantern.jpg
Japanese paper lantern

【2018/05/15 09:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
April 6, 2017

気ぜわしい3月が過ぎた。一気に華やかな雰囲気が街を包んでいる。
桜のせいだ。道行く人の顔もほころんでいる。

九段下で電車をおりると武道館での入学式に向かう人々と外国人花見客の群れが入り乱れている。
国際色豊かに外国語が飛び交う。堀周りをそぞろ歩く一人ひとりの焦がれるような花への熱い思いに当てられる。

用事を済ませ足早に人形町に帰る。
ビルに戻り、窓から見下せば、大通りで信号待ちする車列を穏やかな午後の光が射し照らしている。

ガラス越しに見る景色はのどかな春の日。

IMG_2700.jpg

IMG_2708.jpg

Cherry blossoms in Ningyocho and Kudanshita



【2017/04/06 15:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
November 26, 2016

今朝、いつもの裏通りを歩いていたら、
かわいい犬に出会った。

飼い主に犬種を聞くのを忘れてしまった。

そうそう、今夜は人形町の特集だ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/

IMG_2627.jpg

What's your name?




【2016/11/26 14:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。